ネットユーザが使っている色々なキーワードでヒットさせる

ネットビジネスを成功させるには、提供している商品やサービスを多くの人に知ってもらうことが大切です。

SEO対策でアクセスアップを図る狙いもそこにあると思います。

ユーザが自分のほしい商品やサービスを見つけるために使うキーワードは、商品名やサービス名ではないこともあります。

商品に含まれる成分であったり、特徴であったり、症状であったりする場合があります。

それらのキーワードで検索した結果、上位に表示されなければなりません。

多くのユーザは上位に表示されないホームページは閲覧しません。

ユーザが検索したキーワードに合ったページが表示されるように対策をとる必要があります。

これがSEO対策です。

まずは、サイトの訪問者数を多くすることを意識しましょう。

 

自サイトにユーザを誘導する方法には無料でできるものと有料でおこなうものがあります。

もちろん、無料で訪問者数を増やせる場合はよいのですが、時間や手間がかかることが多いと思います。

わりと短い時間で訪問者数を増やす方法に、YahooやGoogleの「検索連想型広告」があります。

「検索連想型広告」を出すにしてもクリック率を上げる必要があります。

オーガニック検索と同じなのですが、まずは、検索結果の上位に表示されなければなりません。

上位表示されなければ、ユーザの目に留まることもなく、クリックもされません。

検索キーワードは入札制になっています。

競合他社が多く、同じ検索キーワードを使っている場合、入札金額を上げる必要があります。

そうすると、費用もより多くかかることになり収益も圧迫されますが、ある程度はしかたのないことだと思います。

ただ、ビジネス開始当初は予算が少ないこともあると思いますので、あまり効果が認められない場合、広告を一旦止めてみるのも良いと思います。

検索キーワードの入札価格や予算を見直して再度掲載するのが良いと思います。

 

検索エンジンを利用する人は、自分で考えたキーワードを検索ボックスに入力して、検索結果一覧に表示された中から自分の探している商品やサービスが載っていると思われるホームページを表示してみます。

そして、ホームページの内容を閲覧し、自分の探している商品やサービスがあれば購買や集客につながりますが、無ければ去って行ってしまいます。

このようなことは、商品やサービスの利用者側にとっても供給者側にとっても、効率が悪くなりますのでなるべく避けたいものです。

そこで重要なのが、ホームページの内容と選定するキーワードを一致させることです。

ネットビジネスをおこなううえでターゲットを絞ることは大変重要です。

ホームページを制作する際の、キーワード選定やSEO対策もしやすくなります。

ターゲットを絞らなかった場合は、いくつものキーワードが1つのページ内に存在することになります。

このようなホームページは、検索結果で上位表示されにくくなるばかりか、ユーザが自分の探している商品やサービスがそこにあるのかないのかが分かりずらくなるため、せっかく訪れてくれたユーザが去っていく可能性も高くなります。

自分のホームページに訪れてくれたユーザに商品やサービスを効率よく購入や集客につなげるためには、ホームページの内容と選定したキーワードを一致させることを心がけると良いと思います。