ブログやYouTubeを使って観光地へ外国人を集客

ブログやYouTubeでの情報発信が集客につながるということが、最近見受けられるようになってきました。

先日もテレビでそのようなことをやっていました。

外国人が日本の観光地を動画で撮影しYouTubeに投稿します。

その動画をみた外国人が映っている観光地に興味を持ち、そこへ訪れるということでした。

動画はスマホで撮ったものらしいのですが、とてもきれいに映っていました。

画像品質としては十分だと思います。

また、画像と一緒に音声も入れられますので、要所要所で解説を入れておくのも面白いと思います。

 

実際に撮影者が観光地を訪れて撮った映像は、見ている側にも貴重な情報となると思います。

特に、日本に観光に行きたいと思っている外国人がそれを見ている場合は、有益な情報となるのではないかと思います。

その映像に興味を持ったユーザの中から、実際に観光に訪れる人が出てくると思います。

 

ブログにしてもYouTubeにしても記事を更新していくと、新しい記事は前にありますが、以前に書いた記事は後ろになってしまいます。

ユーザは常に新しい記事を見たいわけではないので、以前に書いた記事も容易に見えるようになっていなければなりません。

そのために、ホームページを用意して、そこに以前の記事をまとめて置いておき、いつでも閲覧できるようにしておくことも重要だと思います。

 

ホームページには画像と合わせて文章も記述しておくと、より分かり易いものになると思います。

 

観光地を案内するホームページは、地図を載せておくことも重要です。

市内の地図を掲載しておき、それぞれの観光地点がどこにあるのかということを分かるようにしておくことも必要です。

また、その観光地点への行き方を記しておくことも親切です。

徒歩、バス、電車、地下鉄、自家用車、バイクなど、それぞれの交通手段の情報を掲載しておくのも良いと思います。

 

観光地で飲食店を営んでいる場合でも、ブログやYouTubeを使った集客の効果はあると思っています。

特にその地域でのお勧め品目があれば、写真付きの記事を掲載しておくことも面白いと思います。

こちらは、動画よりも静止画の方が良いかもしれません。

観光地にある飲食店は訪れる人が多ければ、その影響を受けて実在の店舗の来店者数も増えることが考えられます。

また、外国人の場合宗教上の理由で食べられない物があったりしますので、可能であれば、そのあたりのことを掲載しておいても良いと思います。

 

ホームページ、ブログ、YouTubeなどを使って情報発信していくことで、集客の可能性を高めていくことができると考えています。

 

インターネットは日本国内のみならず、国外の観光客も集めることができます。

インターネットの可能性はまだまだあると思っています。