採用ページが治療院にも必要なワケ

採用ページが治療院にも必要なワケ

こんにちは、

中野です。

 

 

治療院を営んでいると、患者数が増えてきたため新たにスタッフを雇う必要がでてくる場合があります。

それらは募集活動によって集めることが一般的でしょう。

しかし、現代においては求人募集も中々人が集まらない状況になっており、どのような治療院も人の採用に困っているのではないでしょうか。

治療院で働くスタッフは専門技術をもった人でなければならないため、ある程度制限がかかってしまいます。

そこで、今回は、治療院において採用ページが必要なワケというテーマで、採用ページについてご紹介していきたいと思います。

 

 

治療院はどのように募集をしているのか

 

実際に、治療院ではどのような採用活動が行われているのでしょうか。

 

 

ハローワーク

 

多くは、ハローワークでの募集活動ではないでしょうか。

募集活動が0円で出来るため、多くの企業で利用していることでしょう。

 

 

求人サイト

 

次に、求人サイトの利用です。

求人サイトには無料で掲載できるものなどもあるため、利用している企業は多いでしょう。

治療院専門の求人サイト

治療院においては、民間が運営している治療院専門の求人サイトなどを利用しているところも少なくないでしょう。

このようなサイトは沢山あるため、複数のサイトを利用しているという企業もあるのではないでしょうか。

 

 

現在求められている採用ページとは

 

インターネットを利用した求人募集活動が広まっている中、採用ページはどのようなものが良いのでしょうか。

 

 

採用に特化した特設ページが必要

 

ホームページの中で求人募集をかけている企業は多いと思いますが、特設ページとして求人に特化したページを持っている企業はどれほどいるでしょうか。

大企業と呼ばれる企業の多くは特設ページを設けて求人募集を行っており、求人に特化したページを持つことにメリットがあることは明確と言えるでしょう。

このような特設ページがなぜ必要かというと、就職活動をしている方や、転職活動をしている方々は、求人募集に特化したページを閲覧するからです。

 

 

ホームページを持つ目的は採用活動という企業は多い

 

ホームページを持つ理由が、採用活動であるという企業は多くなっており、それだけ求職者の方々は応募を決める際に企業のホームページを参考にしているようです。

採用ページに記載されている福利厚生や、研修制度、働く人の声を見て、職場の雰囲気や待遇などを判断し、応募をしているようです。

 

 

良い採用ページの例

 

では、どのような採用ページが良い例なのか、見ていきましょう。

 

 

治療院(働く場所)の雰囲気が分かるページ

 

採用ページとして優れているページの例としては、働く場所の雰囲気がわかり、ここで働いて見たいという想いを持たせることが出来るページです。

例えば、スタッフ同士が、仲がよさそうとか、先生が優しそうとか、明るい職場ということが分かるようなスタッフの写真やブログなどが掲載されているページです。

 

 

福利厚生がしっかりと記載されているページ

 

次に、福利厚生がしっかり記載されているページも、良いページと言えるでしょう。

売り手市場の現在においては、自分たちにとって働きやすさや待遇の良さ、生活面でのメリットを重視する方も多く、会社に勤めることによってのメリットが明確にわかる方が良いページと言えるでしょう。

 

 

働いている人の声が記載されているページ

 

そして、働いている人がどのような想いで働いているのか、どんなことにチャレンジしているのかなどの働いている人の声が記載されていることも重要なポイントです。

実際に働いている人の声が出ていることで、リアリティが生まれるでしょう。

 

 

採用専用のページを作るメリット

 

最後に、採用専用のページを作るメリットを見ていきましょう。

 

 

コストが安く済む

 

メリットの一つ目は、コストが安いということです。

求人サイトや、有料媒体などを利用すると、コストが掛かり、採用コストで年間多くの支払いをすることもあると思いますが、採用ページを作るのは特設ページを1ページ作るだけなので、現在ホームページを持っている企業であればコストはほとんどかからないでしょう。

今サイトが無い場合にも、2,30万円で制作することが出来るため、低コストで効果のある採用ページを作ることが出来るでしょう。

 

 

広告運用と連動できる

 

現在の採用ページでは、縦長型の1ページで収めることが多いため、ランディングページとしてWeb広告の着地点にすることも可能です。

採用活動のためにWeb広告を利用することは一般的になってきており、効果を高めるには特設ページの存在は欠かせないでしょう。

 

 

目的が明確

 

採用活動という明確な目的があるため、広告運用なども余計なキーワードなどを含まないため、低コストで広告運用をすることも可能です。

また、コンバージョンなど目標設定や、改善ポイントなども目的が明確なためやりやすいでしょう。

 

 

まとめ

 

ここまで、治療院においても採用ページが必要なワケや、採用ページの良い例などをご紹介してきました。

どの業界も、現代は人手不足となっているため、採用活動を充実させていくためには、特設の採用ページの制作を検討されてはいかがでしょうか。

 

 

ホームページ制作でおこまりでしたらお気軽にご相談下さい。

相談料は無料です。

 

中野へ直接相談はこちら

URL:http://nakanokatsumi.jp/snsinq/