治療院が実施すべきSNSとホームページの連動

治療院が実施すべきSNSとホームページの連動

こんにちは、

中野です。

 

 

インターネットやスマートフォンなどのデバイスが進化したことで、世の中のマーケティグは大きく変化をしてきました。

店舗を営む企業や、治療院など、集客活動が必要なところでは、これまでのマーケティング活動を、インターネットを利用したデジタルマーケティングにシフトしていくことが必要になってきました。

ここでは、治療院が実施すべきSNSとホームページの連動についてご紹介していきます。

 

 

治療院で大事な集客は2つ

 

治療院において、集客に大事な要素は2つあります。それは、新規顧客の獲得と、リピーター顧客の獲得です。

 

 

新規顧客

 

新規顧客とは、その名の通り新規の顧客(患者)を集めることで、これまで通ったことがない顧客を得ることが治療院の運営には必要と言えるでしょう。

この新規顧客を獲得していく上で必要なのは、消費者への認知度を高めることです。

 

 

リピーター顧客

 

次に、リピーター顧客ですが、リピーター顧客とは、治療院においては「以前通っていた顧客」であり「今は通わなくなってしまった顧客」でもあります。

このリピーター顧客を獲得することは、治療院においては重要なポイントと言えるでしょう。

なぜなら、治療の途中で来なくなってしまった顧客を呼び戻すなど、新規の顧客獲得よりもハードルが低いリピーター顧客の獲得は再度継続的な顧客に繋げやすいと言えるでしょう。

 

 

デジタルマーケティングでいう集客はアクセス数

 

非デジタルの集客という観点から言えば、集客=見込み客の獲得というイメージとなりますが、デジタルマーケティングにおける集客は「アクセス数」の獲得となります。

 

 

SNSでアクセス数を増やすには

 

SNSを利用してアクセス数を増やすためには、SNS上で活躍しているインフルエンサーを起用したり、Twitterなどを利用して毎日数回に分けて情報配信をしたりするなどして、ユーザーを自社のホームページに誘導することなどが挙げられます。

 

 

アクセス数を増やすだけでもダメ

 

しかし、アクセス数をどれだけ多く集めても、結局コンバージョン(問い合わせ)に繋がらなければ見込み客にはなりません。

見込み客を獲得するためには、アクセスから問い合わせユーザーへと変化させていく必要があり、それにはホームページのコンテンツなどを充実させる必要があります。

 

 

SNSを治療院はどう活用すべきか

 

治療院がSNSを利用するとき、どのような活用方法が良いのか、見ていきましょう。

 

 

多くのユーザーとの接点

 

SNSを利用する目的として、多くのユーザーとの接点を持つということがあります。

これは、どのような商材でも顧客との接点を多く持ち、顧客が身近に感じるものは商談を成功させるポイントになります。

このことから、デジタルマーケティングにおいても、同じように接点を多く持つことで、コンバージョンに繋がりやすいと言われており、その接点を多く持つための手段としてSNSを利用するという方法があります。

 

 

ホームページへの誘導

 

SNSを利用して、SNS上だけでアクションを取るのではなく、ホームページに誘導していくことも必要です。

SNSで認知を高め、興味を持っているユーザーをホームページに誘導することで、見込み客を増やすことが出来るでしょう。

 

 

ホームページとSNSを連動させる方法

 

次に、ホームページとSNSを連動される方法を見ていきましょう。

 

 

リンク式

 

SNSとホームページを連動させる方法の一つに「リンク式」があります。

リンク式は、その名の通りホームページ上にfacebookなどのボタンを配置して、そこをクリックしたユーザーがfacebookのページに飛ぶという流れになっています。

 

 

リンク式のメリット

 

リンク式のメリットとしては、ボタンの配置だけなのでスマートにホームページ上に表現することが出来ることと、ホームページのコンテンツとして見られないため、独立したコンテンツとしてSNSを見てもらうことが出来ます。

 

 

埋め込み式

 

もう一つの方法としては、埋め込み式があります。

埋め込み式は、ホームページの中にボタンではなくページそのものを埋め込むことで、ホームページ内のコンテンツとしてSNSの情報を表示させることが出来ます。

 

 

埋め込み式のメリット

 

埋め込み式のメリットは、ユーザーがクリックしなくてもSNSの情報を得ることが出来るため、ユーザビリティを考えたホームページにすることが出来ます。

また、埋め込み式なのでコンテンツの評価を高めることが出来るでしょう。

 

 

SNSはリピーター顧客へも有効

 

SNSを利用することは、治療院にとってメリットがあることをご紹介してきましたが、治療院にとって欠かせないリピーター集めにもSNSを利用することができ、うまく活用できれば休眠顧客の掘り起こしも出来るでしょう。

 

 

まとめ

 

ここまで、治療院におけるSNSとホームページの連携についてご紹介してきました。

スマートフォンなどのモバイルファーストの時代になった今、多くの消費者との接点を持つためにはSNSは欠かせない存在です。

治療院においてデジタルマーケティングを進めていく場合には、SNSとホームページを持つことから始め、それぞれの特性を活かして集客活動を行っていくと良いでしょう。

 

 

ホームページ制作でおこまりでしたらお気軽にご相談下さい。

相談料は無料です。

 

中野へ直接相談はこちら

URL:http://nakanokatsumi.jp/snsinq/