ホームページへの集客は宣伝するのが第一歩

ホームページを公開して自分が提供している商品やサービスを購入してもらうためには、ホームページへの集客をすることが第一歩です。

今は商売をしている人であれば必ずといっていいほどホームページを持っていますので、厳しい競争をしていかなければならないこともあります。

ホームページを作って公開しただけではまず売れません。

自分のホームページがネット上にあることを宣伝していくことも必要になります。

 

ホームページはネット上にある訳ですからネット上で宣伝するのは当然ですが、ネット以外の宣伝方法を利用することも考えられます。

例えば、観光客を相手にしている業種であれば、観光客が立ち寄りそうな飲食店にツアーの案内を載せたリーフレットを置いておき、それを見た観光客を取り込むことも考えられます。

そこに、電話番号、ホームページのURL、検索キーワードなども掲載しておき、ホームページにユーザを誘導します。

また、ホームページへ誘導するのではなく、そこから電話でお客様を獲得することも考えられます。

紙媒体は後になっても見ることもできますので、時間が経っても再度見てもらえる可能性もあります。

自分の商品やサービスを知ってもらうには良い媒体だと思います。

ネット以外の媒体を上手に使って集客のチャンスを広げていく努力も必要です。

 

次に、ホームページはネット上の媒体ですからネットを使って集客することは基本です。

ホームページから商品やサービスを購入してもらうためには、多くの見込み客を集め、その中から成約してもらう必要があります。

成約に至る人数は、見込み客の数からみるとかなり少ないので、沢山集めなければなりません。

新規顧客獲得がいかに難しいかということを改めて考えさせられます。

よって、いかにリピータを増やしていけるのかが、商売を安定させる重要な要素であると思います。

 

自分のホームページへ見込み客を誘導する方法として、ブログやフェイスブックなどのソーシャルなものの利用が考えられます。

自分でブログやフェイスブックを開設して定期的に記事を更新していくと、興味を持ってくれる人が出てきますので、その人たちを誘導します。

 

友人がブログやフェイスブックを既に持っている場合、そちらで紹介してもらうことも考えられます。

既にそこに集まっているユーザに自分のホームページを知ってもらうことができます。

ひとりでも多くの人に自分のホームページを知ってもらえる可能性があります。

このようなことを可能にするには、日頃からの人間関係が大切です。

友人との信頼関係を保つこともホームページへの集客にとっては見逃せない要素のひとつです。