アクセスアップは新規顧客だけでなくリピータも対象にする

サイトのアクセスは新規顧客だけでなくリピータにもおこなってもらう。そのことが結果的にアクセスアップにつながります。

さらに、同じお客様に何度も購入してもらうとビジネスを安定させられます。

物販の場合は、お客様に気に入ってもらえれば、何度も購入してもらえる可能性があります。

ホームページ、メルマガ、ブログ、メールなどで、いちおし商品の紹介をするのが良いと思います。

また、費用はかかりますが、ダイレクトメールを使うのも良い手かもしれません。

一例として、年賀状作成ソフトを挙げてみます。

毎年、メールやダイレクトメールで新製品の情報がとどれられます。

干支は毎年変わりますので、ユーザが年賀状に印刷するデザインを変えたければ、毎年購入する必要があります。

ソフトの出来も良く、デザインも良いので、毎年かなり売れているのだろうなと想像しています。

これは、毎年ある程度のリピート率があるためビジネスが安定している良い例だと思います。

是非参考にしたいビジネスモデルだと思います。

 

ホームページ公開後は、ひとりでも多くの人に自分のホームページの知ってもらうことが大切です。

SEO対策でのアクセスアップは、比較的安定した状態を持続でき効果的な方法だと思います。

さらに、アクセスアップに有効なものにブログがあります。

ブログは、自分のホームページを紹介したり、ホームページで書ききれなかったことを紹介することもできます。

そして、技術的な知識が少なくても開設や更新ができます。

また、無料で使用できるものもあり費用的にも負担がかかりませんので、まだ開設していない場合は開設してみると良いと思います。

読者数は有名人でもない限り一気に増えません。

また、集まってくる読者の方々が自分のビジネスに結びつきにくい場合もあります。

しかし、ネットは全国の方が見てくれる可能性もあります。

有名でなくてもコツコツと更新していけば少しずつアクセス数が増えていきます。

友人や知人の口コミによって読者数を増やすことも大切です。

ビジネスを成功させるためにはネット上での露出を増やすことが大切です。

ブログはホームページでのアクセスアップ対策と並行しておこなうと良いと思います。