時間と場所を選ばない働き方ならネットビジネス

先日、テレビを見ていると会社員なのに会社に出勤しないで働いている人がでていました。

ネットで会議に出て、パソコン上で仕事をこなしていきます。

サラリーマンなら、このような働き方をしてみたいと思うこともあると思います。

 

ネットビジネスで独立したならこのようなことも可能になります。

ネットビジネスは業種によってですが、時間や場所を選ばない働き方ができます。

サービス系で店舗などをお持ちの場合は、そこを離れるわけにはいきませんが、物販や情報販売の場合は割と融通が利くと思います。

ネット環境が整っていてパソコンがあればできるわけですから、中には温泉を泊まり歩いている方もいらっしゃると聞きます。

また、独立すると決定権は自分にありますので、人に使われるストレスからは解放されます。

反面、一人で仕事をしているとモチベーションの維持が難しくなることがあります。

仕事をしたくないと思ってしまうと、ダラダラと過ごしてしまうこともあります。

一旦、そうなってしまうと回復するのが大変だったりしますので、そうならないように気を付けたいものです。

そのために、仲間を作る努力も必要だと思います。

 

私は、起業といえるほどのものではないのですが、ホームページ制作の仕事を個人で請け負っています。

 

サラリーマンのころと比べると生活のリズムが変わりました。

毎日、通勤電車に揺られて会社に行くこともありません。

また、勤務時間も自由ですし、一週間に何日働くかも自由です。

請け負った仕事が納期までに終われば良いので、勤務時間に縛られることもありません。

働く場所も変えることができます。

ある程度は旅先での作業も可能だと思っています。

ノマドワーカーに近いかもしれません。

これが、使われの身であったならそうはいきません。

 

良い事ばかりではなく、大変なこともあります。

先ほど述べましたモチベーションの維持もそうですが、営業も大変です。

仕事を受注できなければ仕事は成り立ちませんので、積極的に営業活動はおこなっていく必要があります。

私の営業活動は、ホームページやブログ、フェイスブックなどを利用してネットでおこなっています。

営業マンを雇わなくても自分でできますので、少ないコストで活動することができます。

また、1人で仕事していると、上記のように自由に働くことができます。

人を雇うと自分も決められた時間に合わせて働かなければなりませんので、それが無い分、楽に働けるのだと思います。

 

ネットビジネスが軌道に乗って売り上げが上がってきたら、外注を使って1人で続けていくのか、スタッフを雇うのか、考えなければなりません。

その時は、どのような生活スタイルを望むのかを考えて決めると良いと思います。