サイトの信頼性を上げるには「お客様の声」を載せる

「ホームページの信頼性アップのためには「お客様の声」を掲載します。」

 

ホームページ上で情報提供者が、自分の提供している商品やサービスの利点をいろいろ述べても、読者側は本当にそうなのかという疑念を持つこともあります。

このことを払拭するためには、第三者に商品やサービスの良さを客観的に証明してもらうことが有効になります。

商品やサービスを既に利用した人は、良くないものであれば、わざわざ他人のホームページ上で褒めたりはしないでしょうから、その商品やサービスは良いものだと証明してくれることになります。

 

お客様の声はなるべくたくさん集め、ホームページに掲載するのが良いと思います。

利用するお客様の業種や状況が違う場合などもいろいろと載せると良いと思います。

その境遇に近い方が共感して次のお客様になってくれるかもしれません。

 

ビジネスをいちから始めた場合、その時点でお客様はゼロなわけですから、お客様の声は集められません。

しかし、一人でもお客様がついたときに、事情を説明し、お客様の声をいただけるようにしていくと良いと思います。

この時は、なるべくお客様の負担にならないように、また、感謝の謝礼、割引、お礼の品など、何かしらの利益になるようなことを考えるのも良いかもしれません。

 

時間はかかるでしょうが、いずれ実になるときがくると思います。

コツコツとやっていくのが良いと思います。

 

 

「集客にはいろいろな動画ツールを使う」

 

ホームページを制作した後は、集客をしなければなりません。

 

集客は、無料でおこなえるものから有料でおこなうものまでいろいろとあります。

無料でおこなえるものとして、以前は、メルマガ、ブログ、ミクシィなどがあり、それらの中でいくつかを組み合わせていました。

最近は無料で使えるいろいろなツールが増えました。

例えば、動画を扱うならユーチューブやユーストリーム、Skype、ソーシャルネットワークならフェィスブックなどがあります。

これらのものをうまく活用できると良いと思います。

ただ、商売で利用する際は有料になることもあるようです。

 

以前、テレビを見ていたら面白いことをしている人がいました。

それは、東京の小さな空きスペースにタブレット端末を持った人がいて、その周りに消費者が何人も集まっています。

タブレット端末には、北海道の魚屋さんのライブ映像が流れています。

その日に捕れた魚介類を魚屋さんが紹介していき、それを東京のタブレット端末を見ている消費者が購入するというものでした。

そして、購入した魚介類は魚屋さんがさばいてくれて、宅急便で消費者の自宅まで届けてくれるというものでした。

 

これはうまい方法だと思いました。

ネット時代ならではの方法だと思います。

 

ネットというのは秘匿性が高く、消費者と販売者の間に壁ができやすいものだと思うのですが、この方法だと対面販売に近づけると思います。

消費者は販売者の顔や声、それと雰囲気なども感じ取ることができて安心感が得られるのだと思います。

東京に実際の店舗を持って魚屋さんを始めるのはかなり大変だと思うのですが、実店舗を持たずに商売を始められるのは魅力だと思いました。

(もちろん、商売をしている方はいろいろとご苦労をされているとは思いますが)

 

今の時代、いろいろなツールがありますので、自分のビジネスにどのように応用するかを考えてみるのも良いと思います。