治療院が実施するべきホームページ制作と集客

治療院が実施するべきホームページ制作と集客

こんにちは、

中野です。

 

治療院が実施するべきホームページ制作と集客

 

 

治療院を営む方にとっては、集客方法と言うのはいつも悩みの種として抱えていることが多いのではないでしょうか。

 

治療をするという、専門的な知識は持っていても、集客方法・集客活動・マーケティング活動など、専門的な知識を持ち合わせていないため、人に聞いたり、インターネットで勉強したりと、専門外の勉強もしなければならず大変な思いをされているのではないでしょうか。

今回は、そんな治療院を営んでいらっしゃる方に向けて、ホームページ制作でできる集客方法についてご紹介していきます。

 

 

ホームページ制作は必要か?

 

そもそも、治療院にホームページ制作は必要なのでしょうか。

答えはイエスです。

 

ホームページ制作は、IT業界などの企業だけに限らず、どのような業種業態にも必要なものと言えるでしょう。

 

その理由としては、今ではデジタルマーケティングと言う言葉が主流になっているほど、マーケティングつまり集客活動の中では、切っても切れない存在となっています。

 

その中でも、特に必要とされている分野に関して言うと、店舗を抱える治療院の方や、整体院の方、そして飲食関係の方や、スクールなど「集客活動」を必要とされているお店を持つ方が必要になっているようです。

 

 

治療院にホームページ制作が必要な理由

 

治療院にホームページ制作が必要な理由としては、集客活動が必要だからと言えるでしょう。

 

集客活動には、チラシの手配りやポスティングなどアナログな方法と、インターネットを利用したデジタルの方法で大きく分けられます。

 

今では、デジタルマーケティングの世界の方が、広告費を利用する方が多く、マス媒体の広告費が低下している中で、唯一インターネット広告の市場が伸びています。

 

特に、治療院等を営む方にとっては、身近な人に向けて広告を打ちたいものですが、Google マップの利用やGoogleアドワーズの利用によって、地域を特定することが出来たり、SNSを利用して年齢層なども区分することができたりするようになっています。

 

そのような点から、アナログのチラシなども必要な存在ではありますが、年齢や地域・性別等が特定できるインターネット広告を利用したデジタルマーケティングやホームページ制作が、マーケティング活動と行う上では、検討しなければいけない集客活動の1つと言えるでしょう。

 

 

ホームページ制作による集客方法

 

ホームページ制作による集客方法としては、第一にオーガニック検索による集客方法があります。

 

オーガニック検索とは、自然検索の意味で「治療院 〇〇区」といったような、検索をした人にとって自分のホームページを見つけてもらう事がオーガニック検索の手法となります。

 

また、オーガニック検索以外にもGoogleアドワーズと言う広告を利用した集客方法や、Yahoo!リスティングといった広告を利用する方法なども挙げられます。

 

 

昔と今のSEO

 

ここからは、先ほど出てきたオーガニック検索について触れていきたいと思います。

オーガニック検索は自然検索による検索結果を指しますが、オーガニック検索をした際に、ユーザーにすぐに見つけてもらうためには、検索結果の上位に自分たちのサイトが表示されていなければいけません。

 

その上位表示をされるように対策をすることを、SEO対策と言いますが、昔からこの言葉は存在し、昔のSEOと今のSEOは全く異なる性質を持っているため、その部分について触れていきたいと思います。

 

 

昔のSEO

 

昔のSEOのことを知っている方の方が、多いかもしれませんが、昔のSEOは、被リンクと呼ばれる色々なサイトからの紹介してもらうということが、対策として行われてきました。

 

また、サイトを多く持つことや、ページを多く持つことで、SEO対策になると言われていました。

 

しかし、昔のSEOでは悪質な非リンクの対策や、自らホームページをいくつか作り、それぞれをリンクさせると言う方法がまかり通っていました。

 

特に、SEO対策を語るウェブコンサルタントと言う存在が、そのような手法で多くの企業をSEO対策として悪質な非リンク対策を行っていた時代もあります。

 

もちろん、正しくSEO対策をされてきた業者もいると思いますが、今では昔と比べSEO対策を語る企業が少なくなったことと、ウェブコンサルタントと呼ばれる方々も、まっとうにSEO対策をするようになったと言われています。

 

さらに、昔のSEO対策としてTwitterなどのSNSを利用した「アクセス増加」を図るものが1対策あたり数万円と言う単位で行われていた時期もありました。

 

 

今のSEO

 

今のSEO対策というのは、アクセスの急増や、被リンクの増加と言うものは、悪質な対策をしていると見られて、Googleからペナルティを受ける可能性があり、そのような事はかえって悪影響を及ぼすようになりました。

 

特に、急激なアクセス増加や、関連性のないページからの被リンク等は、評価を下げるポイントの1つとなっています。

 

サイトを作る上でSEOを意識した制作を

 

では、どのようなSEO対策が今は必要なのかというと、それはユーザーのことを意識しユーザーが求める答えとなるページが良いサイトと言えます。

 

ユーザーが求める答えと言うのは、そのキーワードごとにユーザーがどのようなサイトを閲覧しているか、離脱率やページ滞在時間等を確認してGoogleが評価をしていると言われており、そのユーザーが購買することや資料を請求するなどの行動に移ることが評価されていると言われています。

 

つまり、今のSEO対策というのは、ユーザーが求める価値があるコンテンツを作るというところに注力して行うことが必要だと言うことです。

 

小手先の技術だけではなく、しっかりとユーザーのことを考え、ユーザーが求める価値になるようなサイト作りをすることが大切です。

 

そのためにはユーザーのことを知り、ユーザーが求める価値について解析をして、改善をしていくことでユーザーの行動が見えてくることでしょう。