地域に根ざした治療院になるためのインターネット活用

治療院を軌道にのせるためには、その地域に無くてはならない治療院にしていくことを考えるのも良いことだと思います。

治療院に来るお客様は、何処かしら体が痛んでいるものだと思います。

痛みというのは本人しか分かりません。

家族であっても分からないことも多くあります。

しかし、他人であっても同じ症状で苦しんでいる人同士であれば、苦しみを共有できる部分があります。

そこで、同じような症状で苦しんでいる人たちを集めて情報交換するとか、自分でできる施術などを小冊子にして配るとか、その地域で情報発信をしていくことも考えられます。

そのような取り組みをしていくとファンになってくれるお客様もいらっしゃるかもしれませんし、このことがきっかけで新規顧客として治療院へ来てもらえるかもしれません。

 

また、このような情報発信をする媒体としてインターネットを活用することも良いと思います。

色々な媒体の活用が考えられますが、ソーシャルなものを利用するのが面白いと思います。

 

情報提供者と情報を受ける者が双方向でやり取りができますので、一方的な情報の流れにならず、情報を受け取る側の人にも参加してもらえるものになります。

したがって、情報を受け取る側の人にもより興味を持ってもらえるような場になるのではないかと思います。

 

利用するデバイスは、パソコンだけでなくスマートフォンでも使えるようにしておくのが良と思います。

昔は、インターネットを見るデバイスといえばパソコンだけだったのですが、最近は老若男女問わずスマートフォンを利用する人が増えてきています。

スマートフォンは持ち運びも便利で、外出先からでもSNSなどを閲覧できますし、情報の発信もできます。

 

SNSから自分のホームページへリンクを貼っておくと、そこからホームページへ訪問してくれる人も期待できます。

ホームページはデバイスによって表示するものを分けるようにしておいた方が良いです。

デバイスによって見やすい文字の大きさやレイアウトなどが異なりますので、見る側の人が違和感を覚えないようにしておくのも親切だと思います。

見やすいホームページを作ることによって、一人でも多くの人が治療院のお客様になってくれることを期待します。

 

スマートフォン専用のホームページは、スマートフォン利用者にとっては便利なものだと思います。

便利な機能のひとつに、電話をかけるときに電話番号を入力せずにボタンをタップするだけでおこなうというものがあります。

こうすると治療院の電話番号を入力する煩わしさが無くなりますし、間違い電話をかける不安も無くなります。

スマートフォンらしいホームページを作って便利さを追求していくことが、治療院へ新規のお客様を呼び込むことにもつながるものと思います。