治療院のホームページへ一人でも多く集めるSEO対策

ホームページの要件は、お客様が必要としているときに表示されることだと思います。

同じ検索キーワードで検索したときに、同じような順位に表示されることが必要です。

もし、順位が大幅に落ちていたら、ユーザは該当するホームページを見つけられずリピータとして該当治療院へ訪れることは無いと思います。

 

治療院を探しているお客様は、職業や行なっているスポーツによって同じ部分を患っている場合があります。

 

例えば、ずっと机に向かって椅子に座って仕事をしている人なら、腰痛、肩こり、パソコンばかり見ている人は、腰痛、肩こり、目の疲れなど、また、スポーツをする人は、足、腕、背中などの筋肉の痛みなどがあると思います。

 

そのような方は、同じ検索エンジンで検索キーワードを使って検索することもあると思います。

 

初見で訪れた治療院をブックマークしてくれたなら再来院するときに該当治療院のホームページにダイレクトにアクセスできますが、そうでないときは、同じ検索キーワードを使って再度検索することになると思います。

 

同じ検索キーワードで検索したときに、ほぼ同じ順位、同じタイトル、同じ説明で表示されていないと、ユーザは該当ホームページを見つけられなくなります。

まして、検索順位が多く大きく落ちていたり、圏外になっていたりすると、二度とクリックされることはありません。

 

こうなりますとホームページ経由でのリピータを逃してしまいますので、そうならないようにしなければなりません。

最初に狙った検索キーワードで上位表示ができた後は、順位を落とすような修正はしない方が良いと思います。

 

要するに、ユーザが必要なときに治療院を思い出してもらえれば良いのですが、忘れられてしまったときでもホームページへ誘導できるものを用意する必要があると思います。

 

例えば、初めて治療院に訪れたお客様には、ボールペンやタオルなどに治療院の屋号やURLを記載しておき、それを渡すのも良いと思います。

また、年末年始などの何かの節目になるときにお客様に渡すのも良いと思います。

 

ユーザが日常使う物に治療院の情報を載せることで、思いがけないときに治療院やホームページへの集客につながることが期待できます。

 

貰った物を持ち帰り、他の人にあげる人もいるかもしれません。

貰った人が掲載されている治療院の情報をみて、新規に来院してくれるとか、ホームページにアクセスしてくれるかもしれません。

中には、インターネットは利用していない人もいるかもしれません。

そのような人にも来院してもらえるように、電話番号を載せておくのも良いかもしれません。

 

できるだけ多くの人の印象に残るようにしておくことも、集客につながることだと思います。