ネット集客力の無いホームページとは

集客力のないホームページとはどんなものか、少し述べてみたいと思います。

 

ホームページを制作するときは、トップページに掲載する内容を何にするか、その内容をどのような順序掲載するかなど、大変悩むものだと思います。

掲載する内容を決める際にも、扱っている商品や自分提供できるサービスをできるだけ多く掲載したくなります。

例えば、整体院を営んでおられる方であれば、頭痛、肩こり、腰痛、足の痛みなどの症状の改善、骨盤矯正、体の歪みの改善などの体の状態改善など、色々なことがおできになると思います。

また、正しい姿勢を取ることによる腰痛改善などのアドバイスなどもおできになると思います。

 

なるべく掲載する情報量を多くして、ホームページへ訪れる訪問者に自整体院の良さを分かってほしい、または、役立つ情報を沢山掲載し、ユーザに役立ててもらいたいと思ったとします。

考え方としては、大変良く、また、妥当だと思います。

 

しかし、インターネットで集客をしようとした場合あまり良くありません。

 

理由の1つ目は、ホームページを見たときに分かりにくくなってしまうからです。

一般のユーザは、まずトップページを見ると思います、そこに、自分の探している情報が掲載されていない、または、どこに書いてあるのか分からないといった場合は、すぐに別のサイトに去っていってしまいます。

まず、別のサイトに移動させないためには、トップページを分かりやすくすることが重要です。

 

理由の2つ目は、自分の持てる技術全てをトップページで紹介するなど、トップページに掲載する情報を多くした場合はネット集客を妨げる要因になりやすいからです。

 

まず、第一に、トップページの検索キーワードが絞れないことです。

例えば、腰痛に悩んでいるユーザが検索するときのキーワードは、「整体院 地域名 腰痛」などとなると思います。

この時に、トップページの設定キーワードが絞れていないと、検索結果の上位に表示されることは難しくなります。

特に、ライバルの多い地域では難しくなります。

検索結果の1ページ目に表示されないホームページは、ほとんどクリックされません。

クリックされてもわずかです。

したがって、ユーザに閲覧してもらえることは期待できません。

 

第二に、仮にユーザがホームページに訪問してくれたとしても、腰痛の施術のことがどこに掲載してあるのか分からない、または、掲載してあるが、少ししか載っていない、などど思われたときは、他のサイトへ去っていってしまう可能性が高くなります。

それよりも、腰痛を改善するために、どのような施術をおこなうのか写真付きで分かりやすく解説し、また、症状が改善したお客様の声を掲載して信頼性を上げることが重要です。

また、電話番号、スタッフの写真、料金、営業時間、住所などの情報も合わせて掲載することも重要です。

ユーザの求める情報が分かりやすく掲載されていることが、ネット集客できるホームページに求められています。