上位表示は検索キーワードの出現率の調整が大切

ユーザは検索エンジンを利用して、探している商品やサービスに関係するキーワードを検索窓に入力して検索します。

この検索に利用したキーワードを含んでいるホームページが検索結果一覧に表示されます。

そして評価の高いホームページ順に上から表示されていきます。

この評価を上げるためには、ユーザが検索のときに利用するキーワードをホームページ内にテキスト文字で複数含めておく必要があります。

自分のホームページ内で商品やサービスを説明する文章を書くときに、検索キーワードを一つか二つしか含めないと検索結果で上位表示されません。

また、あまり多く含めてしますとスパム行為になりますので気をつけなければなりません。

商品やサービスを紹介する文章は、検索キ―ワードの出現回数を意識しないで書いたときが一番すっきりしていると思います。

しかし、文章の中に出現するキーワードを多くすれはするほどだんだんと不自然になっていきます。

極端に不自然にならないように、どこかで折り合いをつけるしかないと思います。

JPEGやGIFなどの画像として書かれた文字列は評価の対象になりません。

また、動画やFlashで描いた文字列も評価されませんので気をつけましょう。

 

ホームページ制作をしたことのない人は、SEO対策などということを意識したこともないでしょうし、言葉じたい聞いたことがないかもしれません。

SEO対策がおこなわれていないホームページは、ユーザが検索した結果に表示されなくなってしまいます。

検索結果に表示されないホームページは存在していないも同然なので誰も訪問してくれません。

誰も訪問してくれないホームページの商品やサービスは当然売れません。

これではホームページを制作する意味が無くなってしまいます。

ネットビジネスを行う場合、SEO対策をしっかりと行うことが必須条件になります。

ホームページを自分で制作するときは、どの様な対策を行うと良いのか調べてみるのが良いと思います。

ホームページ公開後も効果を見直し、期待したほどの効果が出ていない場合は、前回のSEO対策を見直しホームページに修正を加え再度公開すると良いと思います。

ホームページを制作する方法の中には、自分でSEO対策がとれないものがあります。

SEO対策がとれないとアクセスアップは望めませんので、売上の上がるホームページにはなりません。

このようなものは、商用利用には向いていないと思います。

売ることを目的としていないホームページに利用するか、練習用として制作してみるのが良いと思います。