観光地の飲食店への集客を中長期的にアップ

観光地にある飲食店への集客をアップさせるには、ホームページや口コミサイト、ブログ、YouTube、フリーペーパーなどいろいろな方法があります。

集客するためには、お客様に見てもらうことが必要ですので、いずれも利用している飲食店も多いのではないかと思います。

観光地は観光資源目当てに観光客がやってきますので、何もしなくてもある程度は集客できてしまうのではないかと思います。

しかし、人の集まるところにはライバルが多く存在し、観光資源から離れているところは、その恩恵を受けられなかったりと、悩ましい部分もあると思います。

ライバルから一歩抜きんでるためには、積極的に自身の飲食店をアピールしていく努力も必要です。

 

フリーペーパーは、無料で配布されていますので多くの人の目につきやすく集客力があります。

また、割引クーポンなどを付けることができますので、お客様にとってはありがたく、フリーペーパーの魅力のひとつになっていると思います。

 

フリーペーパーの効果が短期的ですので、リピーターが確保できなければ徐々にお客様の数が減っていくかもしれません。

ですので、一時的に集客力は上がったとしても継続的に集客できるかどうかは別に考えなければいけません。

また、フリーペーパーへの掲載費用やクーポン券の割引などによる費用の増加なども気を付けなければなりません。

 

観光地の飲食店への集客媒体は、ホームページを中心におこなうのが良いです。

ホームページでの集客は、中長期的な集客が見込めます。

 

観光地へ行くときはインターネットを使って情報を集めることが多くなっています。

情報を集めるときは、Googleなどの検索エンジンを使う人もいますし、口コミサイトのようなものを使うこともあります。

その他にも、その飲食店が発行しているブログやYouTubeなどで情報を得ることもあります。

できる事ならこれら全ての媒体で観光客の目についたほうが集客につながります。

 

観光地にある飲食店のホームページを制作するときは、パソコン用のホームページと合わせてスマホ用のホームページも制作することを勧めます。

今はスマホの利用率が増えています。

外出するときはもちろん、家の中に居ても使う人が増えています。

スマホはパソコンと比べて画面が小さいので専用のページを制作したほうが良いです。

また、観光地ではパソコンよりも持ち運びの便利なスマホを利用する人が多いと思いますので、そのための対策をとっておくことも必要です。

パソコン用のホームページをスマホで表示すると画像や文字が小さくなり見づらくなります。

これは、ユーザが離れていってしまう原因となりますので、避けたいものです。

 

これらのホームページにサービスクーポンなどを付けておくのも良いと思います。

 

観光地の飲食店への集客は、短期的にフリーペーパーなどでおこない、中長期的にはホーム

ページなどの媒体でおこなうなど、それぞれの良いところを組み合わせておこなっていくのが良いと思います。