集客できるホームページは申込ボタンの配置にも配慮する

ブログやメルマガなどはホームページへの集客ツールとして役立ちます。

ブログやメルマガに興味を持ち、そこからリンクをたどりホームページへ訪れてくれるユーザもいます。

そして、訪問者がホームページに記載してある商品やサービスの購買に至る場合、迷わずに購入できるホームページを制作することは大切です。

訪問者は購買方法が分からないと、そのホームページを去ってしまうかもしれません。

これは、大変もったいないことです。

集客は大変な時間と労力を要します。

場合によってはたくさんの費用も必要です。

せっかく訪問してくれたユーザをできるだけ多く取り込む工夫が必要です。

そのためには、ボタンの配置に気を配り訪問者がスムーズに手続きができるようになっていることが必要です。

ボタンには、メルマガ登録ボタン、申込みボタン、お問合せボタンなどの種類があります。

これらをどの場所に配置するかによって購買数がかわってきます。

例えば、ホームページを表示したとき縦スクロールせずに申込みボタンが押せるようになっていると、そこで購買してくれるユーザもいます。

ホームページは訪問者に手間をかけさせない工夫も必要です。

 

ネットショップや実店舗へホームページ経由で集客することが多くなっています。

ユーザは問い合わせや注文をするときに個人情報を入力することがあります。

ユーザ側からすると、自分の提供した個人情報がどのように扱われるのかとても気になるものです。

自分の知らぬ間に個人情報が第三者に渡ってしまい、迷惑メールがたくさん来るようになってしまったとか、迷惑な勧誘電話がくるようになってしまったなど、望まないことが起きてしまうのではと心配になることもあります。

ユーザによっては、提供した個人情報が適切に扱われない場合、問い合わせや注文をしない方もおられるかもしれません。

ホームページ運営者側はユーザに安心してもらうためにも、個人情報の扱いを明記する必要があります。

ユーザから提供された個人情報は適切に管理することや、ユーザから削除依頼があったときは速やかに削除することなどを記載し、ユーザに信頼してもらうことも必要になっています。

ユーザに安心してもらえることが集客にもつながることだと考えています。