地域限定ビジネスでもホームページを制作してネット利用者を集客

歯科医院、病院、クリニックなどの集客にどんな媒体を使えば良いか?

インターネットが普及する前はタウンページや電話帳などで調べる人が多かったと思います。

今ではインターネットを使って調べる人が多いと思います。

若い人の中にはパソコンは持っていなくて、スマホだけという方もおられるようです。

そうすると、集客ツールとしてのホームページは絶対に必要だということになると思います。

しかし、ご高齢の方々はインターネットではなくタウンページや電話帳やチラシなどを利用することが多いと思います。

そうすると、紙媒体での広告も必要だということになると思います。

集客には、比較的若い世代はインターネットで、ご高齢の世代は紙媒体で、という様に複数の媒体を使うのが良いと思います。

 

地域限定ビジネスというのは、お客様に実店舗まで足を運んでもらい商品やサービスを提供するものです。

小売店、歯医者、病院、クリニック、整体、鍼灸、接骨、あんま、床屋など色々な職種があると思います。

これらの店舗への集客にホームページは欠かせません。

なぜなら、同業他社に、「自分のところは商圏が全国エリアではないからホームページは必要ない」と考えている経営者がいたとしたら、そことは違い、ネットユーザと言う客層を集めることか可能になるからです。

地域限定ビジネスとはいえ集客する媒体は増やした方が良いと思います。

 

集客を行う上で最初に考えなければならないことは?

まずはキーワード選定を行います。

自分の提供する商品やサービスに一致したキーワードを選定します。

もし、選定したキーワードが商品やサービスと一致していなければ、検索エンジン経由で訪れたユーザが離れてしまうことにもなりかねませんので、ここは慎重に行ってください。

サイトの訪問者は最初にトップページを見ることが多いようです。

ランディングページを用意していないときは、検索エンジン検索を行ったときトップページがヒットするように、選定したキーワードはトップページに設定してください。

 

ビジネスを始める当初は専門分野からスタートした方が成功する確率が高いといわれています。

まずは、ある分野でうまくいってから徐々に他の分野に客層を広げていくと良いということです。

ターゲットを絞るとよく言われますが「どのようにすればよいのか?」とお悩みになる方もおられると思います。

例えば、部品や原料、事務用品などを扱っているBtoBであれば業種を絞る、ネットショップで一般諸費者をターゲットにしているBtoCであれば年齢、性別、職業、地域(海とか山でも良い)などを絞る、などとなります。

ターゲットを絞ることは反応を上げていくうえでの常套手段といえます。

ただ、絞った結果「ドンピシャリ!」とうまくいくと良いのですが、うまくいかないときでも原因の解析と改善をおこない再度チャレンジしていくことが必要になると思います。