レジャーガイドや観光タクシーなどの観光業のホームページ制作

「レジャーガイドや観光タクシーなどの観光業のホームページ制作」

 

レジャーガイドや観光タクシーなどの観光業を営んでおられる方のホームページ制作について述べてみたいと思います。

このようなサイトは安心感と楽しさを表現できることが必要な条件になります。

安心感はサイト運営者の顔写真、住所、連絡先などを載せておくとだせると思います。

インターネットは秘匿性の高い媒体です。

どんな人が運営しているのか明らかにすることでユーザの警戒感を軽減できると思います。

また、雑誌や本などで紹介されたことがある場合は、そのことを掲載すると尚良いです。

雑誌や本は信頼感があると思います。

 

楽しさを表現するには映像が効果的です。

映像は多くの情報が一瞬で伝わります。

ユーザの表情で楽しかったことが良く分かると思います。

 

映像は静止画に加えて動画の利用も考えた方が思います。

最近は動画でも手軽にとれるようになってきました。

しかも、かなりきれいな映像がとれます。

ホームページに掲載するなら十分だと思います。

 

この時に使う映像は、女性や子供をメインにすると良いようです。

女性や子供が安心して利用できるサービスであることをアピールするすることが必要です。

家族で旅行に行く場合でも、何かしらのアクティビティを利用する場合でも女性の意見が通りやすいようです。

業績アップのカギを握っているのは女性であることが多いようです。

 

また、できれば、ホームページに写真や動画などの映像を載せたページを制作する場合は、文章も載せたほうが良いと考えています。

検索エンジンは画像は評価してくれません。

検索エンジンが評価するのは文章だけです。

文章を載せることで検索エンジン経由で直接該当ページに見込み客を誘導することができます。

文章がないと、別のページ経由からでしかアクセスされません。

せっかく制作するページですからSEO対策をちゃんと施して、該当ページにも見込み客を集められるようにした方が良いと思います。

 

 

「スマートフォン用サイトを制作する手立て」

 

最近、ニュースなどでスマートフォンやタブレット端末のユーザーが増えていて、物販サイトへのアクセスもPCではなくスマートデバイスからのアクセスが増えているとの報道

を見かけることがあります。

今後もこの流れは続くと考えても良いかもしれません。

スマホサイトをまだお持ちでない方がご自分でソースコードを記述する場合、どのような手立てがあるか述べてみたいと思います。

 

一つ目は、HTMLとCSSを用いる。

PCサイトと同じように制作できるため、既にPCサイトの制作経験のある方は取組やすいと思います。

 

二つ目、Jquery Mobileを用いる。

Jquery Mobileはモバイルサイトを開発するためのフレームワークです。

一つ目のHTMLとCSSだけを使用したページの開発よりもコーディング量が少なくて済みますので開発工数が軽減できます。

また、アコーディオンの開閉も予め機能が用意されていますので、難しいプログラムを記述することなくモバイルらしいページを制作できます。

ただ、table要素が使えなかったり、a要素でページ内の特定の場所にジャンプできなかったりして多少の制限はあるのですが、全体的にいうと初めて使った場合でも容易に開発ができると思います。

このフレームワークは大変良くできていると思います。

 

三つ目は、レスポンシブデザインを用いる。

レスポンシブデザインというのは、パソコン、スマートフォン、タブレット端末に合わせてページが最適化されて表示されるものです。

ただ、内部構造が複雑になるため開発工数が増えることもあるようです。

今後ますますスマートフォンやタブレット端末の普及が進んでくるとを踏まえると、新規にサイトを制作する場合この手法を検討してみるのも良いかもしれません。