ネット事業の難しさ、物販の場合

「ネット事業の難しさ、物販の場合」

 

ネット事業は一見参入しやすそうですがやはり事業なので難しいことがあります。

物販をおこなう場合でも、成功するのは簡単ではありません。

理由は、ライバルがあっという間に増えてしまうことです。

ライバルが増えてしまうと、価格競争に巻き込まれやすくなりますので、利益を圧迫し事業を継続するのが難しくなります。

ユーザは商品を買うときいくつかの有名なサイトで価格や送料、商品の評価などを調べ、安心できるところから購入することが多いと思います。

ネットは秘匿性が強く供給者側が嘘を言っていても分からないことがあります。

そのため、有名なサイトで売っているようなもので価格が同じくらいのものであれば、そちらで購入する人が多くなるため、有名でないところでは、売れにくくなります。

ここで価格を安くして勝負してしまうと、労力の割には利益が少なくなってしまい、事業を続けること自体が嫌になってしまうかもしれません。

事業を長く続けるためには、利益が確保できることを第一に考えるべきです。

特に事業を始めたばかりで資金が少ないときは気をつけるべきです。

 

この点で、地域の名産品は良い商材だと思っています。

特定の地域にしか売っていないものでライバルが少ないものは価格競争に巻き込まれにくくなりますのでねらい目です。

ただし、商品が良いものであることはいうまでもありません。

 

リピート性のある商品は尚良いです。

事業をするうえで、常に新規のお客様を見つけなければならないのは大変です。

新規のお客様を獲得するためには、手間と時間とお金がかかります。

マーケットが大きくなければジリ貧になっていく可能性が高くなります。

この部分を軽減することで、安定した事業を営むことが可能になると考えています。

 

 

「売れるホームページ制作はチラシも参考に」

 

ホームページを新規に制作するとき、参考になるものはないかといろいろ探してみることがあります。

そんなとき、チラシを参考にしてみるのも良い方法だと思います。

チラシはかなり上手にできているものがありますので、良い手本になってくれると思います。

 

また、チラシにもいろいろな業種がありますので、ご自分の業種と合ったものを使うと良いと思います。

サービス系のチラシであれば、構成要素として、タイトル、キャッチコピー、商品の特徴、商品の説明、商品が良いことの証拠、価格、連絡先などから構成されています。

ホームページも同じで、上記のような構成要素で制作すると良いものができると考えています。

 

この間、新聞に学習塾のチラシが入っていました。

そこには、上記の構成要素が含まれていて、それぞれの要素が良くできていました。

タイトルはターゲットは誰なのかが分かるようになっていなければなりません。

そのチラシでは、「中学〇〇年生 冬期講習会」となっていて、ターゲットが誰なのかすぐに分かるようになっていました。

商品の特徴は、4つのポイントを挙げて、簡潔に説明されていました。

ホームページを制作するときも、分かりやすくすると成約率が上がるといわれています。

箇条書きにするのも良い方法だと思います。

商品が良いことの証拠として、有名高校名と合格した人数が幾つか載っていました。

学習塾の場合、このような実績が最も大事なのかもしれません。

このチラシは大変良くできていますのでホームページにそのまま載せても良いと思いました。

 

ただ、チラシの場合は新聞屋さんで配ってもらうと、狙ったエリアに配布してもらえますが、ホームページは制作すれば良いというものではありません。

ちゃんとSEO対策を施して、検索結果の上位に表示されるようにしなければ誰の目にも触れません。

顧客獲得のためにもコンテンツの充実とSEO対策は欠かせません。