実店舗を持っている人はネット集客もうまくいきやすい

「実店舗を持っている人はネット集客もうまくいきやすい」

 

実店舗を持っている人が、ホームページを制作しネットで集客や物販をおこないたいときはうまくいきやすいといわれています。

 

なぜなら、扱っている商品やサービスについて顧客に説明できるだけの知識があり、既に顧客が存在し、事業を継続していけるだけの利益が確保できているためです。

また、ホームページからの売り上げを軌道に乗せるまでの間、生活や事業のためにかかる費用をまかなえるということもあるためです。

逆に、ホームページからの売り上げを唯一の収入源としている場合は失敗しやすくなります。

ホームページからの売り上げを軌道に乗せるまでの間の体力がもたないからです。

 

ノウハウが必要なサービスや高額商品を販売する場合は、まず、電話相談をうけ、その後クロージングするケースが多いと思います。

このときに、提供している商品やサービスついてちゃんと説明できなければなりません。

そうしないと、お客様からの信頼を得られないため成約には至らないからです。

実店舗を持っている方は、既にこのことができているためホームページからのお客様に対しても問題なく対応できます。

実店舗を持っているのはやはり有利だと思います。

 

では、「もともと実店舗が無いときはうまくいかないのか」というと、そういうわけではありません。

自分が提供する商品やサービスについて良く理解しており、ホームページからの売り上げが上がるまでの間我慢することができれば大丈夫だと考えています。

また、集客はお金をかけずにおこなうなど、費用を節約していくことも必要です。

 

 

「商品点数の多いホームページは分かりやすく」

 

商品点数の多いホームページを制作すると、ゴチャゴチャしてしまうことがあります。

このようなサイトは売り上げは上がりにくくなります。

 

理由のひとつつは、ユーザが該当ホームページを訪問したときに、自分の探している商品がどこにあるのか分からないため、そのまま去っていってしまうためです。

つまり、成約率の低いホームページとなりますますので、売り上げが上がりません。

 

もうひとつつは、検索エンジン用キーワードが沢山ある場合、検索結果で上位表示されるのが難しくなるため、ホームページに訪問してくれるユーザが増えず、売り上げが上がらないことです。

 

売れるホームページは分かりやすく作ることが大切です。

複数の商品を紹介したいとき、同じ大きさの写真を並べて、「おすすめ」とか「NEW」のマークを付けることがありますが、それだけでは印象が弱いのではと思います。

ホームページの訪問者がどれを選んで良いのか悩んでしまうような掲載方法は避けた方が良いと思います。

悩んだ結果、去っていってしまうかもしれません。

これでは成約率の低いホームページになってしまいます。

 

ではどうすれば良いのかというと、トップページの上部に一番売りたい商品を大きく載せておくのが良いと思います。

そして、その場で購入できる買い物かごのボタンを設置すると良いと思います。