ホームページ制作前に事業の強みを考える

「ホームページ制作前に事業の強みを考える」

 

商売用のサイトを制作するときに一番大切なことは、自分の提供している商品やサービスをどのように売っていくのかを考えることだと思います。

このことを考えずに、いきなりホームページ作成ソフトなどでホームページの制作をしてもうまくいかないと思います。

最初に検討すべきことは、自分の商品やサービスの強みを見つけることだと考えています。

 

強みといってもいろいろあると思います。

商圏なのか、価格なのか、商品の種類なのか、サービスなのか、考えておかなければなりません。

これが、大変です。

 

新しく商売をはじめる場合、これといった強みを持っていないこともあります。

規模が小さく、資金の余裕もないなど、なかなか強みが見いだせない場合もあります。

しかし、ここでめげずに何かしら考える必要があります。

他のサイトを参考にさせてもらい、自分なりの強みを考えていくのも良いと思います。

 

例えば、価格を安くする理由を考える場合、

・自宅で開業しているので、事務所を借りる費用が発生しない

・個人事業で運営しているため、社員に払う給料などの費用が発生しない

などです。

 

次に、自分なりに考えた強みに合うキーワードを探します。

このキーワードは、購買意欲のあるユーザを検索エンジン経由でホームページに連れてきてくれますので、選定は慎重におこなうべきです。

もし、ここを間違えてしまうと、ホームページで紹介している商品やサービスには関係の薄いユーザを連れてきてしまうか、アクセスされないホームページになってしまいます。

ただ、一回でうまくいくとはかぎりません。

適時、内容の再検討と改善を繰り返していく必要があります。

 

 

「SEO対策は設計段階で考える」

 

ネットで商売をするときSEO対策は欠かせません。

 

商売用のホームページは、売れなければ意味がありません。

売れるホームページは、検索結果で上位表示され、多くのユーザがホームページへ訪問してくれることが条件になります。

そのために必要なことがSEO対策です。

 

ホームページにSEO対策を施すことで、検索結果で上位されるようになり、より多くのユーザをホームページへ誘導することができます。

 

SEO対策はその場しのぎではうまくいきません。

ちゃんと方針を決めて対策を立てなければなりません。

最初のSEO対策はホームページ制作前の設計段階で決めておかなければなりません。

ここがいい加減だとホームページへの訪問者数が増えていきません。

また、後でSEO対策を取ろうとすると、作業量や費用が増えることがあります。

こうならないためにも設計段階でしっかりと準備をしておく必要があります。

SEO対策は一度行ってしまえば終わりというわけにはいきません。

ホームページ公開後も随時評価と改善を繰り返しおこなっていかなければなりません。