農産物販売のブログ記事を書く

「農産物販売のブログ記事を書く」

 

ネットで物を販売する場合、ホームページへ見込み客を誘導することが重要です。

つまりアクセスアップを図ることになります。

その為に利用するツールのひとつにブログがあります。

 

ブログは、情報をまめに発信すると効果的だといわれています。

しかし、ブログのネタを探すのはとても大変で、つまずく原因のひとつになっていると思います。

このようなときは、仕事現場の紹介など、自分にとっては日常的な身近なことを取り上げるのも、ひとつの手だと思っています。

例えば、農業を営んでいて、ネットで農産物販売をおこなう場合、栽培している農産物、栽培方法、飼っている動物などをネタにしても良いと思います。

もちろん、真似されては困るようなことは公開しなくても良いと思います。

それと、種を蒔く準備、育成、収穫、後片付けまでをネタにすると、ある程度の期間にわたって記事が書けると思います。

 

種を蒔く準備をするにしても、栽培する作物や住んでいる地域などによって大きく内容が異なると思います。

例えば、雪が降る地域で種を蒔く準備をするときは、雪が積もっているハウスの周りを投雪機で雪はねをして、ビニールをかけ、ハウスをつくる。

そして、中の土が乾いてから、肥料をまいてトラクターで耕すなど、一連の作業を紹介するだけでも結構な数の記事が書けるのではないかと思います。

また、農場の何気ない風景や物、動物など、そこに住んでいる人には毎日の光景で見慣れたものでも、別の地域に住んでいる人に興味を持ってもらえるものがあると思います。

これらのことを、写真や文章で説明するのが良いと思います。 検索エンジンは文章を評価しますので写真だけでなく、文章もちゃんと書くと良いと思います。

ただ、農作業することと、ブログの記事を書くことは質の違う作業ですので、続けていくのは大変な根気が必要になると思います。

 

ブログは無料で使えるものもあります。

無料で公開したサイトのアクセスアップが図れるのであれば、やってみるのが良いと思います。

 

 

「良くある質問コーナーを設ける」

 

「良くある質問」コーナーを設けることは、成約率を上げるうえでも役に立つことだと思います。

ユーザは、何か疑問があると商品やサービスの購買にいたらないこともあると思います。

「良くある質問」を記載することで、このようなユーザを取り込んでいきたいものです。

 

例えば、整体院や鍼灸院などの治療院を運営している場合は、

・保険は使えるか?

・施術は痛くないのか?

・支払はどのような方法があるのか?

・予約は必要か?

などもあると思います。

 

「良くある質問」は、自分で考えても良いですし、友人や知人などに聞いても良いと思います。

また、ユーザに直接聞かれたことを書いても良いと思います。

 

通院したことのない人は、わりと同じような疑問を持つものだと思います。

同じような質問を何度も聞かれるよりも、ホームページに記載しておくと説明の手間が省けることもあると思います。

「良くある質問」で疑問を解決できるのであれば、通院するかどうか迷っている人の後押しになるかもしれません。

 

「良くある質問」のページは、ホームページ公開時から用意しなくても良いと思います。

最初からあるのが理想ですが、事業を運営していく間にお客様から聞かれたことを、日々更新していっても良いと思います。