広告の費用は見直す

「広告の費用は見直す」

 

有料で使える集客ツールには、ダイレクトメール、チラシ、検索連動型広告(PPC)など、色々なものがあります。

 

地域密着型ビジネスを運営するには、チラシや検索連動型広告(PPC)などが有効だと思います。

物販などのネット販売を運営するときは、ダイレクトメールや検索連動型広告(PPC)などが有効だと思います。

 

いずれの場合にも有効で強力な集客ツールは、検索連動型広告(PPC)だと思います。

 

検索連動型広告(PPC)は有料になっていますので、毎月ある程度の費用がかかります。

また、入札制になっていますので、上位表示させるためには、1クリック当たりの入札額を上げていかなければなりません。

 

最初の頃は、低い金額でも入札できたものが、数年経つと高くなってしまう可能性もあります。

人気のあるキーワードを使用した場合、数百円になるものもあります。

予算が多くある場合は良いのですが、そうでない場合はかなりの負担になると思います。

 

入札制は価格が変動するので、毎月かかるコストは読みにくくなります。

コストのかかる集客方法を採用している場合は、毎月効果を考慮して、費用対効果が合わなくなってきたなと感じたら、キーワードやホームページの成約率を見直すのが良い手だと思います。

 

 

「集客の基本は検索エンジン対策」

 

集客やアクセスアップにどのようなマーケティングをおこなうべきか?

 

SEO対策、PPC広告、メルマガ、アフィリエイト、ブログ、フェイスブック、ツイッターなど、色々あります。

マーケティングは複数の媒体を利用して集客を増やすべきです。

その中で、メインにすべきなのはSEO対策です。

SEO対策を施して、その結果がでるまでには時間と手間がかかります。

ちゃんとしたSEO対策は、時間が経てば経つほど効果が出やすくなります。

今よりも、半年後、さらに1年後には、もっと効果か出ているということです。

 

しかし、継続するのは大変です。

ホームページ公開直後は、ほとんどアクセスはありません。

いつ効果が表れるかわからないことを、ひたすらおこなうわけですから、途中でいやになってしまうこともあります。

それでも、なげださずに継続していかなければなりません。

 

検索エンジン経由で集まってくるユーザは、自らの意思で、商品やサービスを求めて集まってきますので、購買意欲が高い方々です。

それらのユーザを、成約率の高いホームページへ誘導して売り上げを上げることが重要です。

ビジネスを長期的に安定させるためには、もっとも効果的な方法だと思います。