トップページの重要性

「ホームページを制作するうえでどのページが重要か?」

 

言うまでもなくトップページです。

サイトに訪れたユーザの多くはトップページを最初に見ます。

そして、トップページを見て自分の探している情報や商品と一致しなければ別サイトに移動してしまいます。

 

そのようなユーザをいかに別サイトへ移動させないかが重要になります。

そのためには、わかりやすいサイトを制作するよう心がけましょう。

また、検索エンジンで検索したときにトップページがヒットするように、トップページのSEO対策(内部調整)が重要です。

 

 

「ドロップショッピングとは?」

 

ドロップショッピングとは、ネット上の店舗で注文を受け、それを提携先の企業や生産者が商品を直接発送する形態です。

ユーザにとっては、ネットで注文ができ、自宅で商品を受け取る事ができます。

ドロップショップ運営者は、在庫を持たずに済みますので、商品の在庫や保管場所を確保する費用が無くて済みます。

提携先の企業や生産者は、自分で販売する必要がありませんので、その費用が節約できます。

ネットショップを開業したい方には、ドロップショッピングというシステムは便利な方法です。

 

しかし、注意すべき点があります。・ユーザに商品はちゃんと届くのか?

・不良品やクレームの対応はちゃんとできるのか?

など、提携先の企業や生産者と取り決めができて、運用できる仕組みを整える必要があります。

ネットショップを運営する前に徹底した準備が必要になると思います。

 

成約率の高いホームページが必要なのは、いうまでもありません。

 

 

「地域密着型の集客方法?」

 

どうやって集客するのか?

ビジネスと立ち上げたときの一番の悩みはこれに尽きると思います。

 

どうするのか?

先日、平賀正彦先生のメルマガに「異業種の成功事例を学ぶと良い」と書いてありました。

 

地域密着型のビジネスをされている場合の集客方法を考えてみます。

例えば、整体院を経営されている場合は、クリニックや学習塾といった業種も参考にすると良いと思います。

そっくり真似してはいけませんが、ボタンの配置や色使いなどを参考にさせてもらうのも良いと思います。

そして、自分のビジネスの特徴をユーザにアピールしていくと良いと思います。

 

 

「自サイトの訪問者数の確認」

 

自サイトがどれだけ訪問されているかを確認するのはとても大切なことです。

 

自サイトへの訪問者数を確認するツールはアクセスカウンタもありますが、

”Google Analitics”を使うと便利です。

”Google Analitics”は、機能も豊富で、1日のアクセス数、アクセスされた地域、キーワードなど、色々な情報が得られます。

地域密着型ビジネスを運営されている方は、どの地域からアクセスされたかとそのアクセス数が重要な情報になると思います。

 

集客はアクセス数を多くする必要があります。

暫く様子をみて、アクセス数が多くならないならば検索エンジン対策やPPC広告などを利用してアクセスアップを図ると良いと思います。

 

”Google Analitics”は現在無料で使用できます。 ホームページを制作したときは利用した方が良いと思います。